読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

随所に楽しむ

お金や住宅に関する学びを形に残すための記録帳。

北海道旅行③ ジンギスカン

 

今日は気温も上がり、家でだらだらと過ごしてしまいましたが、

北海道旅行の記録も記憶が薄れる前に残しておかなければ

ということで札幌で食べたジンギスカンをご紹介(^ ^)

 

転勤で北海道に住んでいる友人と食事をすることになり、

ジンギスカンを食べながら、わいわいしましょうということに!

 

友人が当初予約しようとしてくれたお店はいっぱいだったため、

ネットの口コミが良かった「ふくろう亭」さんを訪問しました

 

場所は中島公園駅から徒歩5分ちょっとくらいだったと思います。

冬の時期は、少し歩くのでアクセスがよくないかもしれませんが、

雪のない時期であれば、全然問題ないかと思います!

  

さて、お店はどんな感じかと言いますと、

昔ながらの家族経営の居酒屋のような外観・内装のお店で

メニューはジンギスカンだけという専門店です

 

ラム肉は全然クセがなく、身もやわらかくて、

甘辛いタレにマッチしていて、とても美味しかったです!!

 

ラムタンやラムソーセージも注文しまして、

どれも美味しかったけれど、結局生ラムが一番でした( ´∀`)

 

 

3人(男2人、女1人)で

生ラムジンギスカン 850円 2人前

ラムタン 600円 1人前

ラムソーセージ 600円 1人前

きのこ盛り合わせ 400円 1人前

キムチ 300円 1人前

ライス人数分

それとドリンクを1人3杯くらい飲みました!

 

全部で10,000円 強くらいだったかと思います

また行きたいなーと思える大満足なお店でしたので、

ぜひ皆さんも行ってみてはいかがでしょうか?

 

ジンギスカン ふくろう亭

http://www5.plala.or.jp/fukuroutei/

hitosara.com

 

住宅を購入するかどうか

昔から人生の三大支出として、「教育費」「保険料」「住居費」が挙げられますよね

いつもは数百円の違いでもったいないなーと思うわけですが、

不思議と大きな出費になればなるほど、万単位での差額も大した違いに思えなくなります

 

やっぱり大きな出費をする前には、出費に対する考え方を整理しておこうということで、

今回は、私の住居(費)に対する考え方を紹介しようと思います

 

結婚した当初は、金利も安い今のうちに住宅を買った方がよいのかな~、部屋は3LDKくらいかな~

なんて会話を夫婦でして、実際に新築か中古をリノベーションするかとか色々と調べたのですが、

今では当分家の購入はやめて、賃貸で過ごそうという結論になりました

 

もちろん、今の賃貸(2DKで月12万円)の家が気に入っているのもありますが、

家の購入を見合わせることにした理由は、大きく分けて以下の2つです(^ ^)

 

①将来の家族構成はわからない、時期によって家族構成は変わる
  •  子供の人数がわからない(ずっと2人かもしれない)

  •  子供がいつ生まれるかわからない

  •  子供が複数の場合、性別によって部屋の必要数も異なる

  •  子供が巣立ったら、部屋の必要数は減る

  •  海外駐在等で日本を離れるかもしれない

 

②今後不動産購入の需要は減る(かも)
  •  日本の人口は減る(不動産の買い手も減る)だろう

  •  不動産の購入層(30代、40代)の人数はここ5年くらいがピーク

  •  70代以降の人口がすでにピークであり、今後空き家が増える

 

 人口増減については、総務省が毎年出している人口統計もこういう時には参考になります

 統計局ホームページ/日本の統計 2017−第2章 人口・世帯

 

もちろん、外国人労働者が日本にたくさん流入したり、出生率が改善したりすれば、

住宅の購入層が増え、不動産価格や地価が下がらないということも考えられますが、

少なくともバブルの時代や今のマンション価格の高騰以上に不動産や土地の価格が上がるとは

私自身は考えていないので、急ぐ必要はないかなと思っています

 

また、私はそこまで物欲もなく、家が欲しいとか車が欲しいとかそれほど思わず、

例えば、新婚旅行時のスーツケースは、レンタルで済ませてしまうなど、

購入することや新品へのこだわりもないので、今の生活にあった家に住むのが一番だと考えています

 

そんな私の考え方をうまく表現されている記事を紹介します!

この記事ではオリエンタルラジオのあっちゃんが書いている住宅に対する考え方が紹介されています。

 

これまでは住宅を持つということがサラリーマンの夢であったわけですが、

住宅ローンを返すために働くことになってしまっている実情に疑問を持ち、

適宜自分にあった住居に住み替えていくというあっちゃんの考え方は

非常に合理的でこれからの時代に合っているように思いました!

 

dual.nikkei.co.jp

  

そんなこんなで、本日は住宅に関する記事を書いてみました!!

住宅は高価な買い物ですし、購入するなら後悔のないようにしたいですね♪( ´θ`)ノ

北海道旅行② ニッカウヰスキー余市蒸溜所

前回に続いて、北海道旅行の続きをご紹介します^ - ^

 

祝津観光から戻ってきたのが12時頃だったので、

小樽駅を出てすぐ左の階段を上がった先にある三角市場で

海鮮丼ランチ(@市場食堂 味処たけだ)を楽しみました!

 

嫁はいくらとサーモンの親子丼(2000円)

私はウニ・ホタテ・カニの3色丼(2,200円)を頼みました( ´∀`)

 

f:id:zuishonitanoshimu:20170505075218j:plainf:id:zuishonitanoshimu:20170505075237j:plain

具材がびっしり乗っていて、ネタも新鮮でめちゃうまでした!!

三角市場のお店はどこも美味しいようなので、

小樽でのランチの候補にぜひ検討してみてくださいな

 

味処たけだ

 

さてさて、今日のブログの本題となりますが、

我々は昼食後に本日のお目当てであるニッカウヰスキー余市蒸溜所へ

 

f:id:zuishonitanoshimu:20170505074924j:plain 

ここ1年でウヰスキーにはまっているにわか夫婦の我々としては、

北海道旅行で最も楽しみにしていた訪問先の一つでした

 

詳細はHPをご覧いただければと思いますが、

余市蒸溜所は、ドラマ「マッサン」のモデルであり、

日本にスコットランドの本格的なウヰスキー製造技術を伝えた先人でもある

竹鶴政孝が率いたニッカウヰスキーの最初の蒸溜所です

 

今日の日本の本格的なウヰスキー製造技術の礎が築かれた土地に思いを馳せながら、

工場内を見学し、ウヰスキーの製造工程を学ぶのは、ウヰスキー付きには至福のひとときでしょう!

 

そして、最後に2種類のウヰスキー(竹鶴ピュアモルト、スーパーニッカ)とアップルワインの試飲ができました

お水や炭酸水、氷にソフトドリンク(りんごジュースと烏龍茶)も用意されています

しかも無料ということで、大満足でした!小樽観光の際には、ぜひ立ち寄ってみてください

 

f:id:zuishonitanoshimu:20170505075835j:plain

ニッカウヰスキー余市蒸溜所

www.nikka.com